大阪で競売しなければいけなくなったら

「世の中金だ」

という言葉があるように時として人は残酷までにお金に執着心を持ったり、お金に執拗に追われたりします。

一部の人を除き殆どの人がお金によるトラブルや生活難を味わったことがあるのではないでしょうか。

中でも厄介なのが借金です。

本当に堅実な人や家族に借りるような少額でしたら問題はないかと思われますが、金融機関や消費者金融、闇金融などから借金をすると後に大変な事態を招く可能性が高いでしょう。

一つの借金を返済するために別の消費者金融からお金を借り、利息も膨らんだ次の借金返済へと追われるためにまた借金を繰り返すという悪循環が続いてしまいます。

大阪を舞台にした金融のドラマでは借金返済が滞ると容赦なく所有物を競売にかけたり人身売買のようなことをする闇金融も描かれていました。

奨学金や住宅ローンも大きく言ってしまえば借金ですから、大阪弁でまくしたてられることはなくてもやはり返済が滞ると法的措置として淡々と競売にかけられる可能性もあるでしょう。

奨学金や住宅ローンも大きな意味では借金ですから月々の返済が必要です。

奨学金の場合は一月二月と返済が滞ると親や連帯保証人のところへ督促状が届き返済を迫られます。

学生の身分で借金をして社会人になって返済をするというシステムですから担保を取られるなどの厳しさはありません。

しかし一人の社会人という資格がなければ組むことのできない住宅ローンは、土地や住宅を担保に金融機関を通じて借金をするため、返済が滞ると法的措置として土地や住宅を競売にかけられてしまいます。

昔から大阪に住みたくて家を買ったけれども、会社が倒産してローンの返済が滞ってしまった場合など、どんなに大阪への情が厚くても、会社の倒産は個人では防ぎようのないことであっても、信用を失うとともに淡々と法的措置をとられるという恐ろしい面があります。

しかしそのような困る事態が起きた場合は、冷静になって専門の人に相談してみてください。

大阪で競売を阻止する方法を見る

競売と聞くと絶望と悲壮感に押しつぶされそうになるかもしれませんが、人は何度でも立ち上がることができますからまず誰かに相談することをお勧めします。